制震構造ジーバ《GVA》ABOUT GVA

制震構造ジーバ《GVA》

制震構造ジーバとは

建物の耐久性が向上し使用年数が長くなることや、日本各地の地震の発生予測をみると、これから建築される住宅が大地震に遭遇する確率は高くなると考えられています。 このようなリスクの中、大地震や連続地震からお住まいを守れるのがジーバです。

制震構造ジーバ《GVA》

紹介ムービー
公式サイト

制震ダンパー・制震装置・制震構造のGVA
※個別物件での効果は、使用している構造材料やプラン、地盤状況、地震波の性質により変化します。

動画提供:株式会社 アイ・エム・エー

地震エネルギーを熱に変えて吸収
揺れを熱に変えて吸収する制震ダンパー

地震時、建物はまず地盤とともに土台が揺れ、次に梁が揺れます。揺れを抑えるためには、この土台と梁の揺れを吸収する必要があります。ジーバは土台・梁間に大きなダイヤモンド型フレームを組み、土台・梁との接合部分(制振ダンパー)で効率良く揺れを吸収できる仕組みに開発されました。
制振ダンパーに揺れが伝わると、複層に組み込まれた制振材が伸縮し、その摩擦で揺れにブレーキがかかります。ジーバは地震時、約10度の熱を放出しながら地震エネルギーを吸収。揺れにブレーキをかけて、建物を守ります。

制震フレーム(丸印はダンパー部)
制震フレーム(丸印はダンパー部)
木造住宅に高層ビルの最先端技術を応用
巨大構造物の揺れも抑える制震材VEM

ジーバの制震材VEMは長い分子の鎖が絡み合った構造をしています。分子同士が摩擦しやすく、謂わば「身動きがとれない」状態です。この複雑な構造によって制震材が小さな変形エネルギーも拾い、熱エネルギーに変換して確実に揺れを吸収できるので、巨大構造物にも用いられています。また、VEMは劣化に強いアクリル樹脂を使用しており、健康に影響を及ぼす物質は含まれておりません。

横浜ランドマークタワー
左:横浜ランドマークタワー、右:東京都庁
制震材VEM 構造概念図
制震材VEM 構造概念図

震度7級の地震波にも連続6回耐え抜く、先進の制震テクノロジー
実証実験が示す高い制震力

制震技術とは、地震をエネルギーととらえ、建物のエネルギー吸収力を高めることで被害の軽減を目指す最先端技術です。頑丈にしたはずの建物でさえ大きく揺れてしまう状況で、ジーバを設置することがどれほど揺れを抑えるのか、耐震構造のみのモデルと、ジーバを設置したモデルでメーカーによる比較実証実験が行われました。

◎阪神・淡路大震災(震度7)級の地震波で比較振動実験

耐震構造のみのモデルには、一般的な構造用合板による試験体を使用。阪神淡路大震災級の震度7の地震波を与えたところ、最大250mmも揺れたため、実験後は写真左のように完全に倒壊した状態でした。一方、ジーバを付加したモデルは最大揺れ幅が72.5mmとなり、約70%もの揺れを軽減することができたという結果が得られました。

実験風景
実験風景

ジーバを装着されているお客様には、ジーバ装着・未装着での性能の違いが分かる振動解析(シミュレーション)をお渡しさせていただいております。

来場予約プレゼント実施中!