ミハマボイスMIHAMA VOICE

山の上で、羽を伸ばそう。 2020.01.12

【おうち豆知識】今人気のインナーバルコニーのメリット

お正月ムードもすっかり落ち着きましたが皆様いかがお過ごしですか?

わたしは無事に寝正月を過ごし、勤務に支障が出るのかと心配していましたが

最近やっと通常モードに戻ってまいりました(;^_^A

正月太りだけがまだまだ通常モードに戻ってくれません・・・🐷(おやおや)

 

さてさて、今回は最近はやりの

「インナーバルコニー」について

お話していきますよ~\(^_^)/🌟

 

 

インナーバルコニーとは・・・

 

 

 

 

こ~んな感じの映え映え~💕

見た目のバルコニーのことです。

 

 

外観もスマートでおしゃれ💕

 

あれ、よくみればうちの新規分譲地「山の上で、羽を伸ばそう。」の外観が・・・??

 

でーん!!(白ver.もあります)

 

※画像はイメージです。

 

 

そう!今回の新規分譲地

「山の上で、羽を伸ばそう。」では

インナーバルコニー』を標準仕様に!!

 

ということでこの新しく採用された『インナーバルコニー』の良さについてお話していきます😊

 

インナーバルコニーとは

では、改めてインナーバルコニーとは??

 

インナーバルコニーとは家の一部がバルコニーになっている形のこと。

建物の一部が抜けて、そのままバルコニーになっているタイプのことをインナーバルコニーというそうです。

一部が抜けているのでバルコニーの上には屋根もあるし壁もある、ということになります!

 

おしゃれなインナーバルコニー2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜインナーバルコニーが今人気なの?

端的に言うと

「見た目がおしゃれだから!」

「実用性バツグンだから!」

バルコニー自体が建物の一部に含まれているため

外なのに屋内にある部屋のように使うことができます。

一般的なバルコニーでは、洗濯物を干したり、布団を干すのをメインで使用しますが、

インナーバルコニーは家庭菜園やガーデニング、家族でのバーベキューを楽しむひとがいるなどインナーバルコニーの使い方は多様です。

 

 

 

インナーバルコニーのメリット

それでは気になるインナーバルコニーのメリットです。

 

屋根があるので天候に左右されない

バルコニーに洗濯物を干しても屋根があるので濡れる心配もなく、多少のものであれば外に置いて保管することも可能です。

 

開放的な空間を演出

室内の延長のような感覚で使うことが出来るため、見た目の開放感もあり

屋内にあるプライベートな庭のような感覚で過ごすことが出来ます。

テーブルや椅子をおくことによって半屋外のプライベートな空間を作ることも可能ですし、

人目を気にせず、読書をしたり、お酒を飲んだり、星を眺めたり

もちろん空を眺めたりプライベートな時間を持つことができます。

 

 

 

デメリットとして費用面や設計面を気にする方もいるかもしれませんが

今回標準仕様ですのでそちらの心配はありません。

 

「山の上で、羽を伸ばそう。」のプラン図には全てインナーバルコニーを想定して

書いていますのでぜひそちらも参考にしてくださいね😊

 

 

 

 

新規分譲地

『山の上で、羽を伸ばそう。』

 

  

 

場所はこちら

 

 

 

全12区画の分譲地です。

 

コンセプトは「空・窓の家」

 

 

 

 

 

大開口サッシインナーバルコニーを仕様に組み込み

山の上で、羽を伸ばそう。の魅力である「空」がより身近に感じられる

お家づくりを提案いたします。

 

 

高台に位置するこの分譲地は

「空」

とても広く、とてもきれいに、とても近くに感じられます。

 

そんな素敵な立地に新たな分譲地が誕生いたしました。

 

 

現在絶賛分譲中!!

 

加工せずにこの「青空」!!!「眺望」!!!

すてき♥

 

 

来場の際は下記よりご予約いただけるとスムーズです😊

山の上で、羽を伸ばそう。来場予約はこちらから

 

▼資料請求

 

▼山の上で、羽を伸ばそう。HP

 

お電話でのお問い合わせはこちらまで

☎:072-868-0036

 

 

 

来場予約プレゼント実施中!